Facebook

Instagram

PICK UP! FEATURE

Pick up!特集

「愛知県の星空の聖地奥三河」で星空観察を楽しもう!

「愛知県の星空の聖地奥三河」で星空観察を楽しもう!

愛知県の奥三河エリア(新城市・設楽町・東栄町・豊根村)は、「愛知県の星空の聖地」として天文ファンからも注目されています。街の明かりや排気ガスが届きにくい高原地域で、海から遠く空気中の水蒸気も少ないため、クリアな星空が見られます。肉眼でも、1~6等星まで見られるので、道具がなくても十分楽しめます。
設楽町で星空を楽しめるエリアをご紹介します。

<天狗棚>
  • 天狗棚
  • 天狗棚
  • 天狗棚
昔より天狗の住む山といわれた天狗棚は、設楽町と豊田市との境界にあり、北に連なる1200高地(天狗の奥山)は長野県根羽村との境に位置します。1240メートルの標高を誇る、奥三河八名山のひとつです。

登山の場合、面ノ木第一園地から天狗棚展望台を先ず目指します。ここでは眼下に津具盆地、遠景に岩古谷山・明神山、北東に茶臼山・はるかに南アルプスが眺望できます。北に向かい、山頂、1200高地と続くが、残念ながらどちらも眺望はありません。途中、原生林のブナ・ミズナラの大きな木々越しに、井山の風車が垣間見えます。
面ノ木ビジターセンターからなど他のコースもあります。

面の木峠は津具高原の北端に広がる標高1,000~1,300mの天竜奥三河国定公園に属し、信濃からの風がそよ風に変わる五月頃自然豊かな季節を迎え、ミツバツツジや九輪草などが鑑賞できます。ミツバツツジは枝先に三枚の葉がつくのでこの名前になり、葉が出る前に紫がかったピンクの花を3~4輪ほど咲かせ、秋には紅葉する。雄しべは5本ある。
<奥三河総合センター>
  • 奥三河総合センター
  • 奥三河総合センター
  • 奥三河総合センター
  • 奥三河総合センター
愛知県奥三河総合センターは、四方を山で囲まれた奥三河 設楽町の高台に位置し、春は桜、夏は緑、秋には紅葉が楽しめるグランドをはじめとして、体育館・会議室を備えた愛知県が設置した宿泊の施設です。
グループ、サークル、各種スポーツ合宿や、会議や職場の研修、仲間同志のレジャー、レクリエーションに、ぜひご利用ください。
また、施設の方が月に数回星空観察を開催されています。
設楽町の満天の星空を是非体験してみてくださいね。
<道の駅 つぐ高原グリーンパーク>
  • 道の駅 つぐ高原グリーンパーク
  • 道の駅 つぐ高原グリーンパーク
  • 道の駅 つぐ高原グリーンパーク
  • 道の駅 つぐ高原グリーンパーク
アウトドアの楽園として人気のスポット。標高900メートルにある日本でもトップクラスのトータルアウトドア施設で、一日中楽しめます。本格派から気軽な家族連れまで、幅広く楽しめる総合レジャーエリアです。
売店、軽食をご提供する「道の駅」としての認定も受けています。
毎週土曜・GW・夏休みご宿泊の方にスタッフによる星の説明会を無料開催しております。
曇天・雨天の場合には中止となりますが、星に興味のある方はぜひご参加ください。
時間は19時半から30分間(冬季は19時から)場所はグラウンドにて開催します。
 
初夏の夜はホタルが乱舞します。キャンプや宿泊ならばバッチリ見られますよ♪
立ち寄りの場合は川沿いの県道10号線、テニスコートの辺りで特にホタルが見られます。

RECOMMEND

その他オススメ特集

USEFUL INFORMATION

お役立ち情報

INSTAGRAM

@sitarakankou